中学受験はやっぱり個別指導塾のほうがいい?

私の娘が小学生の頃、将来のためにとも思い中学受験を考えた時期がありました。というのも、現在就活も年々採用が減少していきそれも有名国立私立大学関係ないというのを目の当たりにしてから、子供につらい思いはさせたくないとの思いで決めた中学受験でした。しかし受験といっても塾に通わなくては結果が残せないと思い、集団の塾に通わせたのですが1人1人ちゃんと見てくれるわけではないので「わからないところをそのままにしてしまう」というデメリットもあり、その点に関しては特に娘は人見知りの性格だったので先生に話しかけるのも戸惑ってしまい、尚且つわからないところを聞くのが恥ずかしいと思ってしまったようでした。そこで個別指導塾に通い始めることにしたのです。個別指導塾は集団制とは違い個々をしっかりと見てくれていて、わからないところもすぐ聞けてなどたくさんのメリットがありました。本当に個別指導塾のほうが良いと思った瞬間でした。おかけで中学受験も無事に合格することができました。
私の娘のように、人見知りがあり、聞くことに関して恥ずかしいと思うような子どもであったらやはり集団制の塾に通わせるよりも個別集団塾のほうがいいと思いました。